断捨離*わが家の押入れを大公開!空間をつくることが心のゆとりにつながるということ。

わが家の間取りは2DK。

6畳のお部屋が2つ、そして6畳のダイニングがあります。
45平米ほどですが、夫婦2人暮らしとしては十分な広さです。

わたしたち夫婦が普段生活している部屋は洋室。
無印良品のユニットシェルフ棚を2つ置いたこじんまりした部屋です。

断捨離*どんな家でも、暮らしやすい環境にできるかは自分次第ということ。
わが家は2DKで45平米ほどの家で、夫婦2人暮らしをしています。 のちのち子どもを授かれたときにも しばらくは引っ越さなくても良いよ...

そしてもう一部屋の和室。
この部屋が、夫婦の寝室となります。

布団を敷いて寝ているので、この和室には一切モノを置いていません。

そんな和室の大きな押入れが、わが家の大切な収納場所となっています。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

わが家の押入れを大公開!空間をつくることが心のゆとりにつながるということ。

押入れの上段には布団を。
そして下段には、必要な書類を保管しています。

20150314①

大切な書類は最低半年に1度は見直しています。

まずは大きい項目で分類。

見づらいですが、2つのファイルボックスに「契約書関連」「取扱説明書」
などを記載したテプラを貼ることで、書類を用途ごとに分けています。

そしてこのファイルボックスの中に、クリアファイルが入っています。
夫が見ても一目でわかるように、テプラをつかって見出しもつけました。

20150314②

こうやって書類にも住所をつけてあげるだけでも
どこになにがあるか、より分かりやすくなりました。

そして反対側です。

20150314③

ここには季節ものの扇風機やヒーター。体重計や脚立。
また、空箱が入っています。

空箱は基本捨てるようにしていますが
季節もので入れ替える必要があるものだけは、残すようにしています。

またこの部分は、かならず空間を設けるようにしています。

押入れをあけたとき、モノがいっぱいに詰まって掃除がしにくかったり
あたらしいモノを受け入れられないような状態にはしたくありません。

シンプルライフを目指すことで、より日々の生活が好きになったということ

むかしは便利な家電にすぐに飛びついたり、大好きな洋服をたくさん買いこんだり。
本当に必要なモノなのか考えずに、欲しいという気持ちだけで手に入れていました。

それからひとり暮らしをはじめて、夫と暮らしはじめて…
ようやく自分の求めているもの、スタイルが分かってきたような気がします。

普段からすくないモノで生活をするだけ。

すこしずつ落ち着く空間を手に入れることができたいまは
家にいることが、とっても好きになりました。

夫もモノがすくないわが家で過ごす空間を、とても気に入ってくれています。

日々なにげなく過ごしていく中で過ごす空間というものは、とても大切。

まだまだ理想のシンプルライフは遠いけれど、心地いい空間をつくれるように
これからもモノと向き合っていきたいと思います。

ランキング
♦更新の励みになります。応援していただけたらうれしいです。
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
  • にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)