める家流*無理をしない節約術(固定費/家賃編)

先日の記事で、かんたんにできる電気代の節約術について書きました。

める家流*無理をしない節約術(変動費/電気代編)
わたしがブログをはじめた時期がちょうど2年と少し前。 夫と結婚してまだ1年と、家計管理もいまよりざっくりとしていました。 結婚してか...

ということで、今回は固定費編。

節約として一番重きをおいている、家賃について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

無理をしない節約術(固定費/家賃編)

固定費の代表格と言えば、住む家である家賃。

賃貸であれば賃料、持ち家であれば住宅ローンですね。

わたしが3年前に夫とはじめて一緒に暮らした家は、駅ちか徒歩5分圏内。
賃料「89,000円/月」の物件でした。

築年数はある程度あるものの
外装はデザイナーズマンションと言われているだけあって、きれいです。

家の中もすべてリノベーションされていたため
新婚生活のわたしたちにはとても魅力的な物件でした。

駅ちかでこの金額なら安いんじゃない?
当時は本当にそう思っていました。

そのうちブログをはじめて、本気で家計管理に取り組むことで
わたしたち夫婦の収入に見合った賃料ではないことが分かります。

そして…
わたしが前職を退職したことをきっかけに、引っ越しをすることに。

それがいまのわが家となります。

いまは、築古(築20数年)の軽量鉄骨マンション。
4階建ての4階でエレベーターなし。

外観も内装もけっしてきれいとは言えません。

それでも、賃料は「89,000円⇒79,000円」まで下げました。

唯一ゆずれなかったことは、駅からちかいということ
そして洗濯機は室内。そしてバストイレ別ということ

これ以外は、しょうがないと割り切って予算を決めて探しました。

そうして見つかったわが家。
いまはとても快適に過ごすことのできる、お気に入りの家となっています。

20150408①

たとえ外観がおしゃれじゃなくても、内装がきれいじゃなくても
お気に入りのモノをうまく配置したりするだけで、すてきな空間になります。

家は賃貸であっても持ち家であっても、どちらでも良いんです。

大切なのは
いま住んでいる家をどれだけ過ごしやすくできるか。ということ。

わが家は、引っ越しをすることで賃料を下げることができ
結果的に、月に「10,000円」ほど節約することができました。

ただ住むだけの家なので
変動費のように、食費を削ったり水道光熱費をつかわないように…
そういった我慢をすることは一切なく、何の努力もしていません。

引っ越しをするときも時期が良かったため
とてもやすく抑えることができました。

いまでもあのとき、引っ越しを決意して本当に良かったと思っています。

そんなわが家も、次の更新までもうすこし。

もちろん更新をしていまの家で生活をしていくつもりですが
家賃をもうすこし下げていただけないか、夫に交渉してもらう予定です。

固定費を下げるためには、最初は労力が要りますが
やってしまえばあとはほったらかすだけ。

それだけで、とても節約になります。

悩まれている方は、だまされたと思って”エイッ”と行動してみてください。
ここを節約することで、将来大きな差がでてくるはずです。

さて、わが家がつぎに節約するべきなのは”通信費”
このことについては、別記事で書いていきたいと思います。

夫婦2人暮らしの通信費事情。携帯代とネット代、どのくらい節約できるか考えてみました。
家計のやりくりでまず、一番に節約するべきといわれる固定費。 住居費 保険料 通信費 大きいものは、これら3つがあげられます。...

ランキング
♦ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)