断捨離*夫のラケットバッグのその後。いつか使うかもしれない。その”いつか”は来ないということ。

先日の記事で、ようやく夫のクローゼットを片づけることができました。
ということを書きました。

断捨離*夫のクローゼット収納がすごいことに…その全貌。
ここ数日、日に日にあたたかくなってきていますね。 これから夏が来る…そんないまの季節が一番好きです。 そしてあたたかくなってくると、...

そのときに保留となっていたラケットバッグの行方…
とうとう手放すときがやってきました。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

いつか使うかもしれない。その”いつか”は来ないということ。

20150422①
先日クローゼットを見直しながら片づけていたとき

どうしてもラケットバッグを手放そうと思えない。
合宿のときに使うかもしれない。
いつか使うときがあるかもしれない。

夫はそう言って、しばらく残しておこうと収納スペースに戻していました。

わたしからすると、あたらしいラケットバッグがあるからもう要らないんじゃ…
と思いましたが、そこはグッと我慢。

夫には、いつか使わなくなったら手放したらいいね。とだけ伝えました。

それから1週間後、そのときは意外とはやくやってきました。

近所のクリーニング屋さんに一緒に行ったときに
たまたま帰り際に、ちいさなリサイクルショップが目にはいりました。

わたしは、ラケットバッグも扱ってるんじゃない?と夫に聞くと
思いのほか、じゃあ持って行ってみようということに。

お店に持込をしたところ、5年間使いつづけてきた使用感あるバッグに
なんと300円の買取値がつきました!

夫は買い取ってもらえるとは思ってもいなかったようで、うれしそうでした。

そしてさらにいい効果も…

ラケットバッグが置いてあった、収納スペースに空間ができたことで
ぎゅうぎゅうに詰めてあったモノが、よく見渡せるようになりました。

このことに対しても、夫は良いね!と上機嫌♪

いつか使うかもしれない。
そのいつかはほとんど来ないということ。

いまはもう使っていないモノ。
ときめいていないモノ。

本当に自分が必要だと感じたモノでなければ、手放すという勇気も必要だね。

そう話しながら夫もそうだね。と返してくれたことが
わたしにとって、とてもうれしいことでした。

これからはいままで以上に
シンプルライフを一緒にたのしめる夫婦になれたらいいな。

そんな良いイメージを持ちながら
今日からまたすこしずつ…片づけをしていきたいと思います。

ランキング
♦更新の励みになります。応援していただけたらうれしいです。
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
  • にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)