あな吉さんの手帳術*”フセン”に書き出すことで、やりたいことを実現する!

社会人になってから毎年手帳をつけてきましたが
しっくりくるものがなくて、あれこれと試してきました。


20150518

試行錯誤すること数年、昨年ついにあな吉さんの手帳術に出会い
いまの自分にあったやり方を、見つけることができました。

そんなあな吉さんの手帳術。
わたしが使ってみて良かったことと、その使い方についてお伝えします。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

タスク管理*やらなくちゃ!と思ったことを”フセン”に書き出してみる

■タスクをフセンに書き出す
仕事、家事、育児のこと…
とにかく思いついた「やらなくちゃ」ということを、フセンに書き出します。
フセンに書き出すポイントは
大きなことを書くのではなく、できるだけ細分化して書くようにしてください。
たとえば「キッチンをきれいにする」という目標があるとすれば
「使わないキッチンツールを処分する」「使わない食器を処分する」
といったように切り分けると、頭の中が整理されて実行しやすくなります。

■フセンに書いたら、やる日を決めてスケジュールに貼る
週間予定表には、固定されたスケジュール(※)を書いていると思います。
(※仕事のスケジュールや、家族、友人との用事など)
ここに先ほど書いたふせんを、すきま時間をみつけながら貼っていきます。

■やる時間を決めて、1日の予定表に貼る
前日もしくは当日に、1週間の予定表に貼ったフセンを移動していきます。
時間軸に沿って貼っていくと、より分かりやすくなります。
(1日の予定表が無い方は、週間予定表だけでも把握できるのでOKです)

■手帳術のポイント
・フセンに書き出すことで、タスクが整理できる⇒頭の中がスッキリ
・「いつやるのか」を具体的に書いてあるため実行しやすい
・予定が変わっても、ふせんを貼りなおすだけなので楽ちん

以上が、わたしがもっとも使いやすいと感じた、フセンを利用した手帳術です。
簡単に書き出してみましたが、いかがでしたでしょうか。

やりたいことを細分化してふせんに書き出す⇒手帳に貼る
貼ったふせんが実行できない⇒貼りかえる
貼ったふせんを実行する⇒達成感

これを繰り返すだけで、時間をコントロールできるようになるんです。

わたしの手帳の中身を一部公開してみます。

20150518①

わたしの手帳がこちら。

パイロットのA5バインダ(6穴)に、別売りのリフィルを入れています。

いまはこのように、フセンを一番前に入れることで
思いついたらすぐにフセンに書いて、手帳に貼れるようにしています。

そして、次のページには、今年の目標を書き出します。
こうすることで、開くたびに目に留まるようにしています。

あな吉さんの手帳術*今年の目標と達成したこと。
みなさんは、手帳を使っていますか? わたしは夫と結婚してから手帳をつけることで 夫婦のスケジュールや自身のおこづかい管理をす...

手帳の手前に目標を入れるメリット。

それは、どんなときにも目に留まることです。

自然に目標を意識するようになり、実行するようになり
最後はほとんどの目標を、実現できるようにまでなりました。

20150518②

自分の使いやすいように、こうした方が良いかな。

なんて試行錯誤をしてたのしみながら、いまも自分仕様に手帳をつくっています。

完璧に使いこなしています。とはまだ言えませんが
この手帳が手放すことのできない、大切なものとなっているのは間違いありません。

いつ何をするのか、何をしたいのか
何に興味があるのか、何を知りたいのか

これらをすべてフセンに書き出して、手帳に貼っておくだけ。

するといつでも目に入るようになり
ここぞ!というタイミングで、実行に移せるようになります。

とても簡単で楽ちんなあな吉さんの手帳術。
ぜひみなさんもお試しください。

ランキング
♦ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)