仕事がつらい。自分の居場所が会社にない。そんな夫の気持ちを知ったとき。

先日、ふと夫がこんなことを口にしました。

仕事がつらい。自分の居場所が会社にはない気がする。

20150603①

ふだんから仕事のことを話してくれる夫。
いつも仕事の話は聞いてきましたが、ここまで言ったのは初めてのことでした。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

夫が仕事に対してネガティブになる一番の要因。

夫が仕事に対して、ネガティブになっている一番の要因。

それは英語力です。

夫の会社は、昨年外資に吸収されたことにより、英語が必須となりました。
もともと日系企業だったので、英語ができる人はほんのわずか。

それでも、たまたまなのか
夫がいる部署では、英語がそれなりにできる方が集まっていたようです。

そのため英語がまったくできない夫だけが
悪い意味で、職場内で目立ってしまっている。ということでした。

たしかに英語を話せない夫に、いつものように営業をしろ。
そういわれても、話が相手に通じなければ仕事になりません。

仕事にならなければ
できる人から見れば劣っていると思われるのも、仕方が無いように感じます。

夫は、妻のわたしが言うのもなんですが
普段はとてもやさしくて、人当たりがよく、友人もたくさんいます。

仕事に対しては、向上心は高いとは言えませんが
休むことなくいまの会社も5年間つづけているので、とても助かっています。

今回のことで、夫にたいしてどう伝えたらやる気を保ってくれるのか。

とても悩みましたが、わたしが伝えたことはこれだけ。

つらい立場に居るということ。
いまその悩みを乗り越えようとがんばっていること。
その気持ちはとても大事なこと。
ピンチはチャンスなんだということ。

重くならないように、なんとか伝えてみました。

すると翌日、この言葉が伝わったのか、TOEICの本を買ってきました。

20150603①

夫は、もうすこしがんばってみようと思う。
思ったときにやらないと、やる気がなくなっちゃうから。

すこし吹っ切れたような顔つきで言いました。

わたしは夫と同じ職種ではないため、夫の置かれている状況が100%わかる。
そう言ったら嘘になります。

ただ同じ立場だったら、自分に足らない部分を必死に勉強すると思います。

わたしはわたし。
夫は夫。

それぞれの想いややり方があるので
自分の想いを一方的に伝えるということは、よくないと思っています。

それでも、わたしの想いがすこしでも夫に伝わったかなと思うと
うれしくなりました。

夫婦で支え合うことの大切さ。

最近はわたしも仕事が忙しくて、平日は10~15分程度会えれば良い方。
休日以外は、ほとんどがすれ違いの毎日です。

わたしは仕事をすること自体は好きで、やりがいを感じているため
いまは通院の両立に頭を悩ませる以外には、おおきな不満はありません。

ただ仕事と治療。それだけで頭の中がいっぱいにならないように
もうすこし夫と話す時間を作らないといけないな。そう思いなおしました。

それからは、平日の会えない日は
できるだけLINEをつかって会話をするようにしています。

おつかれさま。
今日もがんばったね。
週末はゆっくりしようね。

こんな他愛ない話だけですが
すこし前よりもずっと、夫の気持ちや想いが分かるようになってきました。

いまも夫は、仕事に対してとても苦しい思いをしています。

そんな中、わたしがどれだけ支えてあげることができるか
夫の話を聞くこと、ご飯をたくさん食べて体力をつけてもらうこと。

これだけしかできませんが
わたしにできることを精一杯やって、夫と一緒に乗り越えていきたい。

また、もし夫ががんばっても前に進めなければ、転職も考えてもらう。
そのくらいの気持ちのゆとりをもって、夫を支えていきたいと思います。

ランキング
♦ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)