賃貸住まいの火災保険料。そのまま更新して大丈夫?不動産おすすめの火災保険はとても割高です。

賃貸住まいのわが家。
いま住んでいる家も、もう2年が経とうとしています。

そんな先日、ついに契約更新のお知らせが届きました。

20150725①

家賃7万8千円/月(2DK)と、都内にしては割安ですが
更新料は1.5ヶ月とお高め。

なによりも気になるのが、火災保険です。

2年間で2万円は高すぎます。

最初の契約時では大家さんの希望ということで、提示額で契約をしました。

ただし次回更新時は、変えても大丈夫と言われていたので
さっそく、あたらしい火災保険を検討してみました。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

わが家が選ぶ、火災保険の内容と金額。

いまわが家が契約している内容はコチラです。

20150725②

■日本興亜損保

タイプ:K50(合計保険料:20,000円)
家財:794万円
個人賠償責任:5,000万円
借家人賠償責任:3,000万円

うーん、高額プランですね。

言われるがまま、更新の手続きしてしまったら
また必要のない保障をつけて、高い金額を支払うところでした。

月々で考えると、1,600円ほどの金額が家賃に上乗せされるようなものです。

たかが2万円。されど2万円です。

大事なお金なので、無駄な部分はしっかりと省いていきます。

わが家が検討してる保険は、以下の2とおりとなります。

パターン1:大家さんが指定の保険会社でないとダメと言った場合

日本興亜損保の一番安いプランを選ぶ。

タイプ:K10(合計保険料:10,000円/2年)
家財:124万円
個人賠償責任:3,000万円
借家人賠償責任:3,000万円

パターン2:大家さんがどこの保険会社でもOKと言った場合

日新火災の火災保険に切り替える。

20150725③
タイプ:日新火災(合計保険料:4,000円×2/2年)
家財:100万円
修理費用:300万円
個人賠償責任:10,000万円
借家人賠償責任:2,000万円
被害事故法律相談費用等:30万円

家財についてはわが家の場合、すべて買いなおしても100万円かかりません。

また、ほかの賠償責任の限度額についても
以前の保険よりも格段に安いうえに、保険内容も手厚く感じます。

契約書の条件にも、保険会社の指定については書かれていないため
パターン2で問題ないはずですが、念のため確認は入れるようにします。
(交渉ごとは、夫にやってもらうのがわが家流です^^)

火災保険は、保険会社がもうかるように設定されているため
言われるがままに契約をすると、とても勿体ないことになります。

基本的には、大家さんとの交渉もとくに必要がなく
管理会社に電話をかけて「火災保険には、こちらで検討して加入します」
そう伝えればいいだけなので、簡単に契約変更できます。

これから契約の更新が控えている方は
火災保険であれば誰でも容易に手続きができますので、ぜひ検討されてください。

わが家もきちんと手続きが終わりましたら、また記事にしていきますね。

ランキング
♦更新の励みになります。応援していただけたらうれしいです。
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
  • にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)