はじめての米国株。わたしが買った銘柄はこの会社でした。

今年の目標として立てていた、米国株を買うということ。

口座開設から買付をするまでに、だいぶ時間がかかってしまいましたが
ようやく達成することができました。

初心者がマネックス証券で、米国株を買うまでの流れ①
わたしはいままで、資産運用に株は組み入れていませんでした。 そもそも株は、知識がある人がやること。 わたしにはできない。そんな思いが...
初心者がマネックス証券で、米国株を買うまでの流れ②
先日、米国株を買うためにマネックス証券の口座開設をしました。 口座開設後は、さあ買うぞ!と意気込んでいましたが かんたんには買えず…...

今回は数ある会社の中から、どんな銘柄を選んだのか。

そして今後、買っておきたい銘柄について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

やっぱり王道?数ある米国株から選んだ2銘柄

はじめてわたしが買った銘柄は、この2銘柄でした。

20150808①

アップル(AAPL)×2株

アップルは、米国株投資をしている方にとってはまさに鉄板。
言わずと知れた会社の株ですね。

アップル製品はブランド力が高いので、海外でも根強い人気があります。

まだ2株しか保有していませんが、すこしずつ買い増しをしていきます。

ギリアド・サイエンシズ(GILD)×5株

ギリアド・サイエンシズは米ナスダックに上場する、アメリカの新興製薬会社。
C型肝炎治療薬であるソバルディという薬を開発して、有名になった会社です。

じつはこの会社、米国株投資のために調べてはじめて存在を知りました。

いまが買い時だったとは言えませんが、長い目で見れば成長してくれそう。
そんな思いを込めて買っています。

そしてわたしが買ったあとは、見事に下落していきましたが
それでも下がったときはチャンスでもあります。

大きく下がったときは、すこしずつ買い増しをしていこうと思っています。

つづいて、これから買おうと検討している銘柄がこちらです。

AT&T(T)

米国最大の大手通信サービス会社。
例年、高配当をつづけているとても安定感のある会社です。

リーマンショックのときにも、株価が暴落していく中で増配をしていました。
日本ではなかなか考えられないことですね。

ただ、つい先月には残念なニュースもありました。

※2015年6月18日 TechCrunch日本版より参照
FCC、AT&Tの「無制限」データプランに罰金1億ドルの裁定

それでも株価が一時的に下がるのであれば、買いだと思います。

モービルアイ(MBLY)

先端運転補助システム(ADAS)を開発している会社。
自動車の衝突事故を防ぐためにの、カメラのチップを開発しています。

技術が高く、日本の大手自動車会社も取り入れていますが
現状は市場での普及率がまだ高くありません。

今度広まっていく可能性が高いということで、将来有望の会社です。

20150808②

米国株は、高配当で優良株がたくさんあります。

一見ハードルが高いように思えますが、日本株はほとんどが100株単位のところ
米国株は1株から買えるため、大きな資金がなくても保有できるのが良いですね。

いまは、おこづかいの範囲でちいさく投資をしているので
積極的に投資ができていませんが、ここはぐっと我慢。

これからはしっかりと家計管理をして、余裕資金を増やすことで
わが家の資産運用にも、米国株をがっつり仕込んでいきたいと思います。

※投資について
あくまでも私個人の考えで書かせていただいております。
投資を行う際には、ご本人の責任で行うようお願いいたします。

ランキング
♦ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)