個人番号カード(マイナンバーカード)と通知カードの違いってなに?個人番号カードについて簡単にまとめてみました。

前回、マイナンバー(個人番号)制度について、かんたんにまとめました。

マイナンバー(個人番号)制度ってなに?マイナンバーの内容と、つかい方を学ぼう。
今年の10月から、マイナンバー(個人番号)が通知されます。 マイナンバーって聞いたことあるけど、どんなもの? ...

ここでは、今年の10月に送られてくる通知カードについて触れましたが
じつは、通知カードだけでは身分証明書としてつかうことはできません。

そんなときのためにあるのが、任意で交付される個人番号カード。
そもそも、個人番号カードとは、いったいどんなものなのでしょうか?

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

個人番号カードと通知カードの違いは?

■個人番号カード

運転免許証・パスポートなどと同じ、写真つきの証明書。

氏名、住所、生年月日、性別、個人番号(マイナンバー)、顔写真などが
記載されています。
所得などの個人情報は記載されません。

また、これらの情報は付属しているICチップに記録されています。

20150905①

個人番号カードの交付を受けるか受けないかは、任意となります。

■通知カード

マイナンバーをお知らせするための紙のカード。

氏名、住所、生年月日、性別、個人番号(マイナンバー)が記載されています。
こちらは個人番号カードのように、本人確認はできません。

20150905②

通知カードは、住民票を有するすべての方に交付されます。

個人番号カードの申請方法は?

■申請

2015年10月に、通知カードとともに申請書が送られてきます。
申請書を市区町村へ提出すると、平成28年1月に個人番号カードが交付されます。
また、今後は電子申請も予定されています。
該当のQRコードを読み取って、写真のデータと一緒に申請することもできます。

■交付

個人番号カードを受取る際は、悪用防止のため本人確認が必要となってくること
から市区町村役場に出向く必要があります。

※病気や障害など本人が出向くことがむずかしい場合、代理人でも交付可能

交付時は、マイポータルのログインIDとパスワードを発行の際に登録します。
事前に個人番号カードのIDと、パスワードを考えてから行くとスムーズです。

個人番号カードは、通知カードと引き換えになりますのでご注意ください。

個人番号カードの発行手数料は?

初回の個人番号カードの発行手数料は、無料です。
ただし、紛失時の再発行についてはまだ検討中のようです。

有効期限は?

20歳以上の方は、10回目の誕生日まで。
20歳未満の方は、容姿の変化を考慮して、5回目の誕生日までを有効期限としています。

住民基本台帳カードとの違いは?

■住民基本台帳カード

交付:即日交付または後日
発行手数料:無料~1,000円
有効期限:10年間
写真:どちらでもよい

■個人番号カード

交付:後日交付
発行手数料:初回無料
有効期限:10回目の誕生日まで(未成年者は5回目の誕生日まで)
写真:かならず必要

個人番号カードの交付開始に伴い、住民基本台帳カードの交付は終了します。

取扱いのときに注意すべきポイント

個人番号カードの取扱のときに、注意すべきポイント。

20150905③

それは、他人に見せたりコピーをしたりするときです。

身分証明書として必要なのは表面だけです。

マイナンバーの書いてある裏面は、身分証明書としては必要のない部分。

この部分を、ほかの人に見せたり、コピーを渡したりすることだけは
決してしないでください。

先にも書いたとおり、個人番号カードの交付は必須ではありませんが
これからは、さまざまな場面で活用できるようになっていくでしょう。

そう考えると、持っておいた方がベストかなと思います。

わが家は、夫婦ともに発行する予定です。

取扱いには十分に注意をして
利用すべき点はしっかりと、活用していきたいと思います。

ランキング
♦ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)