”いまのわたし”になる前のわたしと、”いまのわたし”になって思うこと。

断捨離でつかわれる言葉。

手放すと、あたらしいこと(モノ)が入ってくる

本当にそのとおりだと思います。

じつは先日、オークションで洋服をいくつか手放していました。
それは、近いうちにあたらしい洋服を迎えたいと思っていたから。

そんなとき、ちょうど姉が引っ越しをすることになり
着なくなった洋服があるんだけど、要らない?

そう言われて、何着か気に入ったものをもらってきました。

■ジュヴゾンプリのカットソー
20150913①

■ZARAのトップス
20150913②

■Nomineの春コート
20150913③

このほかにも、あと3着ほどあります。

6着増えても、上記のとおりクローゼットがスカスカな状態だったので
いまでもきちんとクローゼット内に収まってくれています。

手放すことはエネルギーが要りますが
手放すことで、ほんとうに欲しいと思うモノが手に入ると思えば
それは合理的で必要な行為なのかな。

なんてあらためて感じることができた、出来事でした。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

”いまのわたし”になる前のわたしと、”いまのわたし”になって思うこと

もともと学生のころから、洋服が大好きだった姉の影響もあって
20代前半のころは、好きなブランドの洋服を買い漁っていました。

どうやって着こなそうかな。
そんなことを考えている時間が、とても好きでした。

いま思うと、洋服にかけるお金はかなり多かったように思います。

20代半ばで実家を離れ、一人暮らしをするようになってから
自分が住む空間がシンプルであることの心地よさを、実感しはじめます。

そして断捨離という魅力に惹きこまれていきます。

時は過ぎ、当時と、夫と結婚をして現在に至るまでの頃を比べると
だいたい1/5ほどまで洋服を減らすことができました。

断捨離*わたしのクローゼット収納を大公開&夫のクローゼットのその後。
先日、夫のクローゼットがすごいことに…という記事を書きました。 あれ以来、夫はなんとか現状維持を保とうとがんば...

過去のわたしが、シンプルライフを目指すようになってからは
いままでの自分が自分じゃないかのように、モノと向き合うようになりました。

そうして、本当に必要なモノだけを手元に残すようになりました。

自分が心地いいと感じるようになるまでは、長い年月がかかりました。

それでもこの期間は、いまのわたしにとっても
自身と向き合う大切なときだったんだと思います。

モノがすくない家で暮らすことは、賛否両論あるかと思いますが
わたし自身、いまいる家でゆったりと気持ちよく過ごすことができる。

これが一番大切なこと。

これからも気持ちよく、ゆったりとした気持ちで過ごせるように
自分なりのシンプルライフを貫いていこうと思います。

ランキング
♦ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)