2015年10月家計簿のまとめ。

10月の家計簿をまとめました。

いまは夫の給与日に合わせてつけているため
10月分は「9月21日~10月20日」分となります。

家計簿

■2015年10月度(9/21-10/20)

科目 予算 支払
家賃(2DK) 78,000円 78,000円
電気 5,000円 1,999円
ガス 4,000円 1,048円
水道 4,000円 3,628円
通信費 12,000円 10,688円
家族の生命保険 2,000円 2,000円
食費 20,000円 14,990円
日用品(雑費) 5,000円 4,531円
医療費 12,000円 12,000円
お小遣い(2人分) 70,000円 70,000円
臨時出費 0円 0円
合計 212,000円 198,884円

水道光熱費
電気代は「8/19-9/16(29日間)」の請求でした。使用量は20A(77kWh)。
8月後半からは猛暑日も終わりをむかえて
今年の夏もほとんどエアコンをつかわずに過ごすことができました。

ガス代は「7/22-8/20(30日間)」の請求でした。使用量は2㎥。
クレジットカードの引落にしているため、使用月にズレがあります。
先月と比べて使用量がさらに2㎥ほど減りました。

水道代は「7-8月分(6/18-8/18)」の請求でした。使用量は10㎥。
わが家の場合、食器を洗うときはこまめに水を止めます。
また洗濯ものも、あまり汚れていないものは1回すすぎにしたりと
無理せずできるところだけを気をつけています。
お風呂場の節水シャワーヘッドは効果があるのでおすすめですよ♪

通信費
携帯は夫がiphone5S、わたしはガラケーと白ロムスマホの2台持ちです。
ネットはWIMAXを利用しています。
今月はGMOとくとくポイントが貯まっていたので、割引してもらいました。
来月は夫婦ともに、白ロム+SIMにすることを検討しています。

夫婦2人暮らしの携帯乗り換え大作戦!乗り換え先は格安SIMの”みおふぉん”で検討。”みおふぉん”にするメリットとは?
夫がいまつかっている携帯は、iPhone5S。 2年縛りの更新日が、刻々と近づいてきました。 契約が切れるのは11月なので 11月...

家族の生命保険
わたしの医療保険のみで「2,000円」になります。
夫はすでに払込済の生命保険に入っているため、いまは加入していません。

食費
わたしのランチは、お弁当を用意して会社に持参しています。
いまは仕事も落ち着いているため、できるかぎり自炊をするように心がけました。
※夫の実家からお米をいただいているため、お米代は入っていません。
※平日のランチ代は、それぞれおこづかいから出しています。

日用品(雑費)
今月は夫のスーツ、そしてわたしの礼服のクリーニング代、金封袋
ボディーソープなどを買いました。

臨時出費
臨時出費としては、下記のとおりたくさんのお金が出ていきました。
※すべて目的別に積立をしているため、家計簿には載せていません
※積立をしていない臨時出費については、家計簿に載せていきます

・弟の結婚式:70,000円(慶弔費積立)
・祖母の弔慰金:63,439円(慶弔費積立)
・日新火災保険料:4,000円(家賃積立)
・ルンバ純正Xlifeバッテリー&フィルターセット等:17,660円(家電積立)

■その他、毎月積み立てしていくもの

積立 科目 金額
慶弔費 5,000円
住居費(家賃)更新料 5,000円
交際費(テニス合宿等) 3,000円
家電 5,000円
夫スーツ代 2,500円
その他特別費 2,000円
合計 22,500円

特別費の積立
今月も、順調に積立できています。

投資
セゾン投信の積立「40,000円/月」、純金積立「10,000円/月」。
コツコツと積立中です。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

10月のまとめ

今月は特別費としての出費がなかったため、先月にひきつづき
1ヵ月の生活費を20万円に抑えることができました。

ただし上記のとおり、慶弔費や家電等の積立を取り崩しをしているため
実際の現金残高は減っています。

もともと支払う予定だった費用(目的があるもの)。
こつこつと積立した目的別貯金から出しているため、影響はありません。

また、今月は不妊治療費として45万円ほどかかりました。

体外受精・顕微授精の採卵手術があったため、かなり高額となっています。
採卵後、移植をすれば大体の費用は合計80万円ほど。

お金がなくてはできない治療だということが、本当によく分かります。

不妊治療*助成金で戻ってきたお金で、実際負担した金額を計算してみました。
わたしが体験した治療は、一般不妊治療(タイミング療法・人工授精)から 高度不妊治療(体外受精・顕微授精)まで。 これらの不妊...

※治療費は特別枠で取り置きをしているため、家計簿には載せていません。

わが家はいま共働き。

なんとか貯金を崩さずにやってこれていますが、この先治療に専念するため
仕事のペースを抑えるときがくるかもしれません。

そのときは間違いなく、貯金に手を出すことになるでしょう。

つらい出費ですが、辞めてしまったらもう子どもを授かれないのでは…
そう思うと、どうしても辞められないというのが本音。

いつまで治療をつづけるのか。
夫と夫婦のライフプランをしっかりと考えて、資金繰りを考えていきます。

それでは、本日もお読みいただきありがとうございました。

ランキング
♦更新の励みになります。応援していただけたらうれしいです。
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
  • にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)