甲状腺機能障害の疑いで、表参道にある伊藤病院へ初診に行ったときの流れ。

このブログを見てくださっている方々はご存知かと思いますが
わたしはいま、不妊治療をしています。

20151102③

夫と結婚してから3年半。子どもはもちろんいません。
治療期間は、だいたい2年ほどでしょうか。

2年という治療期間はとても長く、そして辛い時期でもありました。

治療については、不妊治療カテゴリ別ブログで詳しく書いていますので
気になる方は、ご覧いただければ幸いです。

わたしたち夫婦は、体外受精・顕微授精という高度不妊治療をしても
治療が成功することはなく、いまでもつづけています。

もしかしたら、ほかにも原因があるのでは…?

そう思い、着床不全という名目で不育症専門病院に診てもらったところ
甲状腺専門病院である、伊藤病院を紹介されることとなりました。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

甲状腺機能障害の疑いで、表参道にある伊藤病院へ行ったときのこと。初診の流れについて。

20151102①

伊藤病院は、日本一の甲状腺の専門病院と言われています。
1日の来院数は2,000人を超えることもあるそうです。

予約制ではないため、かなり混むと聞いていましたが
同日中に不妊病院に通院する予定があったので、そのあと行くことになりました。

■当日の流れ

①11:00 初診受付&問診表記入

②11:20 診察券を発行
確認くんで待ち時間を把握しておく

③11:30 一時外出
待ち時間が長いとみて、夫と一緒にランチのため外出する

④14:00 病院へ戻る
確認くんで「待ち人数がのこり4名」になったところで病院へ
2階にあがり、モニターを見ながら待つ

⑤14:20 E先生による診察
過去の検査結果をすべて見せる
触診(喉のしこり・脈・視野の確認)を行う

⑥14:35 採血
採血のため1階へ。3本の試験管の血を抜かれる

⑦15:15 エコー検査
時間は10分程度
首全体にゼリーを塗り、さまざまな角度からエコー検査を行う

⑧15:25 お会計

受付からお会計まで、ざっと4時間半ほどかかりました。

4時間半という待ち時間は、不妊病院での待ち時間に慣れていても長く感じます。

ただ伊藤病院では「確認くん」という
待ち人数を確認できるシステムがあるので、外出をしてもOK。

わたしも診察券を発行したあと、ランチのために2時間ほど外出しました。

20151106②

病院内は、機械的ではありますが
無駄もなくスピーディーに案内をしてもらえるため、安心できます。

医師や看護師の方々もやさしく、ストレスは一切ありませんでした。

当日の診察では先生から、無月経になった原因があるかもしれない。
そう言いながら、不妊となった原因を示唆されました。

もしかして、わたしが無月経になった理由が分かるかもしれない。

もしもその原因が、甲状腺によるものだとすれば…

そのときは、不妊治療をしなくてもいい日が来るかもしれない。

そんな期待をもっていました。

伊藤病院は、数年前は当日中に検査結果が出ていたようですが
いまは日をあらためて、結果を聞きに行かなくてはいけません。

長くなりましたので、つづきはまた後日の記事にて書いていきます。

ランキング
♦更新の励みになります。応援していただけたらうれしいです。
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
  • にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)