不妊治療*2回目の助成金”特定不妊治療費助成承認決定通知書”が届きました。不妊治療をはじめてから現在までの総額を公開します。

高度不妊治療の助成金。

わたしが住む東京都では、通算6回まで支給されます。

もちろん、治療内容や所得制限、また年齢制限などの条件がありますが
保険が効かない治療で何十万円と高額のため、とても助かっています。

不妊治療費助成金*2015年4月から制度変更。その内容は?
東京都で行っている、特定不妊治療費にともなう助成金について 4月1日より制度が変わります。 わたしも今年は助...

東京都以外でも、他県や市区町村で助成金が出ることがありますので
まずは治療の前に、お住まいの自治体のHPを調べてみてください。

不妊治療*治療に入る前にやっておくべきこと&不妊治療の助成拡大について思うこと。
本格的に不妊治療をはじめて、1年が経ちました。 わたしの治療履歴はこちら 現在は、体外受精、顕微授精を試みて...
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

2回目の助成金承認通知書が届きました。不妊治療をはじめてから現在までの総額を公開します。

20151112①

今年はわたしたち夫婦にとってはじめて、体外受精・顕微授精を経験しました。

1回の採卵手術で、3度の移植チャンスを得ましたが、結果は撃沈。
いまは2回目の採卵を終えて、4回目の移植をしようとしています。

3回の陰性を受けて、すべて助成金の申請をしてきましたが
先月ようやく2回目の承認を得ることができました。

通知書は郵送で送られてきますが、すぐには振込まれません。
届いてから、大体1~2ヶ月ほどしてから指定口座に入金されます。

助成金は治療ステージによって、7.5~25万円と幅があります。

わたしの場合、過去3回は以下のように助成金申請をしています。

1.採卵+凍結胚移植:25万円(治療ステージB)
2.凍結胚移植のみ:7.5万円(治療ステージC)
3.凍結胚移植のみ:7.5万円(治療ステージC)

治療費合計:1,434,428円
検査費合計:105,450円(不育症・甲状腺検査)
助成金合計:▲400,000円(※申請中分も含む)
実質負担額:1,139,878円

※2015年10月3日現在
※一般不妊治療から高度不妊治療まですべての治療を含む
※その他、別途交通費あり

2回目の採卵費用は入っていませんが
これだけでも助成金がなければ、悠に150万円を超えています。

交通費を含めればそれ以上。

高度不妊治療をはじめてから約1年ほどで
多額の費用を費やしてきたことがよく分かります。

当時わたしは、高度不妊治療をすれば
6回もやらずとも、すぐに子どもは授かれると思っていました。

ただ予想を反し、すでに3回も申請をし終えたいまは
のこり3回しか助成金がもらえないという現実に、焦りを感じています。

夫のやさしさに触れてもう一度がんばろう。そう思えました。

治療と仕事の両立に、つかれてしまったとき。
やすむことなく家事もこなしつづけることに、嫌気がさしたとき。

夫に対して、今日はなにもしないね。
掃除もしないしご飯も作らないから。

そう弱音を吐いてしまった日がありました。

やっぱりやらないと。

そう思い自宅に帰ると、なんと…夫は自らご飯を作ってくれていました。

20151112②

あたたかくて美味しいごはん。

なによりも夫が元気づけようとしてくれたこと。

涙が出そうなほどうれしい日となりました。

おかげでいまわたしは、2度目の採卵を無事に終えることができました。

夫への感謝の気持ちを忘れないこと。

ささいなことに対しても、しあわせを感じるようになること。

これから先、どんなことがあっても夫婦で乗り越えていく覚悟をもって
つぎの治療も前向きに、取り組んでいきたいと思います。

ランキング
♦更新の励みになります。応援していただけたらうれしいです。
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
  • にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)