伊藤病院の紹介で虎の門病院へ。虎の門病院の初診の流れ&MRI(下垂体機能低下症)の検査結果。

甲状腺機能低下症の疑いにより
不育症専門クリニックの先生から、伊藤病院を紹介されてからのこと。

ここで行った検査の流れや結果等については、先日の記事で書きました。

甲状腺機能障害の疑いで、表参道にある伊藤病院へ初診に行ったときの流れ。
このブログを見てくださっている方々はご存知かと思いますが わたしはいま、不妊治療をしています。 夫と結婚して...
伊藤病院による甲状腺機能障害の診察内容&下垂体機能低下症の疑いで別病院に行くことになりました。
いまわたしは、25歳で無月経となった原因を探すために 不妊治療と並行しながら、疑いがあるさまざまな検査を行っています。 先日...

検査結果は、甲状腺の値(FT4)は低いものの異常ではないとのこと。

ただし、下垂体に問題があるかもしれないという懸念から
今度は伊藤病院の紹介状をもって、虎の門病院へ行くことになります。

今回は、脳外科の名医である山田正三先生がいる
虎の門病院の初診の流れについて、書いていきます。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

伊藤病院の紹介で虎の門病院へ。虎の門病院の初診の流れ&MRI(下垂体機能低下症)の検査結果。

20151124①

銀座線「虎ノ門」駅 出口3より 徒歩5分。

虎の門病院も、伊藤病院とおなじように予約制ではないため
かなり混むと聞いていたため、朝から並ぶつもりでいきました。

■当日の流れ

①7:45 仮受付
8時から受付開始のため、先に受付番号を取得して椅子に座って待つ
※この時間で、初診は3番目のようでした

②8:10 受付
伊藤病院の紹介状と、過去の血液検査の結果を受付で渡す
診察券発行のため、椅子に座って待つ

③8:35 診察券の発行
受付で診察券の受け渡し後、間脳外科の待合室へ案内される

④8:50 血液検査
さきに血液検査をするように促される
採血のため別室へ。4本の試験管の血を抜かれる

⑤9:10 MRI検査
脳のMRIを撮るため場所を移動。造影ありの検査を行う

⑥10:10 待合室
間脳外科の待合室へ戻る

⑦11:40 1回目の診察
山田先生以外の脳外科の先生と、一度診察
脳に異常がないことを告げられる
今後の方向性等について、山田先生の診察へ回してもらう

⑧12:00 山田先生の診察
MRIの結果を詳しく診てもらい、問題がないことを告げられる
血液検査の結果、”中枢性甲状腺機能低下症”の疑いがあるということで
伊藤病院へ戻るように言われる

⑨12:50 お会計

受付からお会計まで、ざっと5時間ほどかかりました。

虎の門病院では、待ち時間を把握できるシステムがないため
あとどのくらいなのかも分からず、とても長く感じました。

そして脳神経外科医の名医と言われる、山田正三先生の印象。

先生は少しお疲れのようでしたが、やわらかい表情でやさしい口調。
親身になって原因を考えてくださる。とっても素敵な先生でした。

山田先生に診てもらいたいという患者さんが
全国から集まってくると聞きますが、その気持ちはよく分かります。

■検査結果

先にも書いたとおり、MRI検査では問題はありませんでした。

ただ血液検査でまたも、甲状腺のホルモンが基準値外という結果に。

結局、紹介元である伊藤病院へ戻るように告げられました。

20151128②

脳に問題がなかったことについては、本当に良かったと思えましたが
また伊藤病院へ戻るという二転三転の状況がもどかしくもありました。

このあと伊藤病院へ戻って、再検査を受けることになります。

以上が、虎の門病院での初診の流れ。

伊藤病院へ戻ったあとのことについては、また後日書いていきます。

虎の門病院
東京都港区虎ノ門二丁目2番2号
電話:0-3588-1111
※受付時間はこちら

ランキング
♦ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)