表参道で500円以下でランチが食べられる♪青山学院大学の学食は、サラリーマンも利用している穴場スポット。

表参道、原宿、外苑前。

このあたりはお洒落なお店もおおく、ランチをしようものなら安くても
1,000円超えは当たり前です。

20151126③

ここ1年、週末ランチで外食する機会が増えてきているわが家。

不妊治療に多額のお金がかかっているので
外食はたのしみたいけど、本音はやっぱり安くおさえたい。

そんな気持ちもあります。

今回はできるだけ安くておいしそうなところ。
そんなお店を探したところ、有名な青山学院大学の学食を発見!

社会人でも利用できるという、夢の学食を食べに行ってみました。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

表参道で500円以下でランチが食べられる♪青山学院大学の学食はサラリーマンも利用している穴場スポット。

20151126①

表参道で500円以下のランチが食べられる。

嘘のような本当のお話です。

場所は、表参道A1出口から徒歩7分ほど。
東京メトロ表参道駅から、青山通りを渋谷方面へ歩いていくとあります。

20151126②

青山学院大学の正門から入ります。
そしてすぐ右の道に入り、まっすぐ進むと17号館があります。

中に入ると、ガラス張りで開放感があってとにかく広い。

土曜日の14時すぎに行きましたが
それでも、学生さんや社会人など、たくさんの方が利用していました。

まずは食券を買って、調理場(厨房)に持って行くシステムのようです。

ザ!学食という感じで、どきどきしてきます。

20151126④

■メニューはこちら

・表参道(日替わりランチ):410円
・油そば:370円
・青山物語(油淋鶏&杏仁豆腐):500円
・スペシャルカレー(とろたまスタミナカレー):410円
・イチナナカリー:300円
・特製中華麺(博多とんこつラーメン):400円
・中華麺(塩ラーメン):270円
・ご当地うどん・そば(五目たまごとじうどん・そば):370円

なんだかネーミングがお洒落で気になるのは、わたしだけでしょうか(笑)

わたしはイチナナカリー(300円)
夫は青山物語(油淋鶏&杏仁豆腐):500円を注文。

20151126⑤

食券をもって厨房へ行き、自分が選んだメニューの張り紙を見て並びます。

自分でトレーにお箸やフォーク、ナイフなどをとってから
厨房の方へ食券を渡します。

食券を渡してからものの数分で、すぐに食事を提供してくれました。

■イチナナカリー
20151126⑥

■青山物語(油淋鶏&杏仁豆腐)
20151126⑦

盛り付けも学食らしい感じ。

イチナナカリーは、ごはんもカレールーもあたたかくて
寒い日だったこともあり、ほっこり。

レトルトに近いお味でしたが、300円という値段を考えれば十分です。

夫は、ごはん大盛り(もちろん無料)。
油淋鶏は作り置きなのか衣が硬かったようですが、味はおいしかったようです。

サラダつかうドレッシングも、3、4種類置いてありました。

食べ終わったら、自分で下膳場に持っていき、そのまま帰れます。

食堂には、休日に学校に来ている学生だけではなく

パソコンを開いて仕事をしている人。
新聞を読んでいる人。
本を読んでいる人。

こんなかんじで、社会人の方(?)がちらほら利用されていました。

表参道で、500円以下で食事ができるということだけでもすごいのに
学食が外部の人でも利用可。というのはすごくありがたいことですね。

わたしたちも、学生には見えないよね。大丈夫かな。

なんて言いながら、新鮮な気持ちでランチをすることができました。

青山学院大学は、17号館以外にも、7号館の学食もあるようなので
次回表参道に来たときにも、ぜひ利用してみたいと思います。

気になる方は、ぜひ一度体験してみてください。

青山学院大学 学生食堂 17号館食堂

東京都渋谷区渋谷4-4-25 17号館食堂 1F
電話:03-3409-8490
営業時間:8:30~20:00/8:30~20:00(土)
定休日:日・祝

ランキング
♦ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)