KOYO証券で純金積立コツコツ♪2015年度の運用結果&純金積立でドルコスト平均法をおすすめする理由。

10月末日に、KOYO証券から残高報告書が届きました。

20151204①

わが家が純金積立をはじめたのは、2013年4月ごろから。
2年と半年。いまでも毎月1万円ずつ、積立をしています。

わたしが行っている投資の中で
セゾン投信やひふみ投信とおなじくらい、ほったらかしの純金積立。

今年はどんな1年だったのか。

2015年度の運用結果を、前年の結果と比較してみました。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

2015年度の運用結果&純金積立でドルコスト平均法をおすすめする理由。

ちょうど7月頃にも、残高報告書が届いたときの記事を書いていました。

KOYO証券で純金積立コツコツ♪純金の積立数量と1gの値段。売ったらいくらになる?
純金積立をはじめてから、どのくらい経ったかな? そんなことをふと思い、以前のブログを見返してみると 2013年の4月ごろからスタート...

2015年9月末現在 61.8337g(半年比:12.1714g増)
2015年3月末現在 49.6623g(半年比:12.1678g増)
2014年9月末現在 37.4945g(半年比:12.9561g増)
2014年3月末現在 24.5384g

半年前から12.1714g増加してようやく61g。

まだまだ100gへの道のりは遠いです。

10月末日の段階で、買い取り価格は約”1g=4,805円”でした。
売却したとすると、単純に計算して”297,110円”ほどになります。

わたしの保有平均単価は”1g=4,389円”
現在価格よりもいい単価で保有できていることが分かります。

これもドルコスト平均法のおかげでしょう。

純金積立は、ドルコスト平均法の効果で高積みするリスクを抑えて
効率よく積立をすることができるのがメリットです。

わが家にとっては、守りの資産としての役割を担っている純金積立。

自動で積立をすることで、意識をすることなく貯めることができる
この純金積立は、好きな投資の一つでもあります。

1万円から純金積立をするなら、証券口座はKOYO証券がオススメ。

20151204②

いまわたしがつかっている証券口座は、KOYO証券です。

年会費は1,500円。購入手数料は無料。
年間トータルコストは”1,500円”となります。

またHPからも口座状況を把握できるので、スポット購入も可能です。

毎月1万円以上積立をされる方にとっては
現段階では一番やすいコストではないかと思います。

1万円なんてとんでもない!数千円からはじめられれば…
そんな方には、マネックス証券さんもオススメします。

年会費は無料。購入手数料は2.7%と設定されているので
積立額が3,000円であれば、年間トータルコストは972円となります。

わが家はいま1万円の積立をしていますが
本当はもうすこし増額したいというのが本音。

治療がうまくいって、資金にすこし余裕がでてきたそのときには
純金積立もセゾン投信も、積立額を増やしていきたいなと思います。

ランキング
♦更新の励みになります。応援していただけたらうれしいです。
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
  • にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)