夫婦で一緒に過ごせる時間は、休日の1日だけ。その日だけは目一杯話し合う。これが夫婦円満の秘訣です。

昨年末からずっと、夫婦ともに忙しい日々がつづいています。

仕事がつらい。自分の居場所が会社にない。そんな夫の気持ちを知ったとき。
先日、ふと夫がこんなことを口にしました。 仕事がつらい。自分の居場所が会社にはない気がする。 ふだんから...

わたしは決算期を除けば、帰りは21時くらい。
夫は11月ごろから忙しくなり、いまは23時くらいが平均的。

遅い日は、日づけが変わったころにタクシーで帰ってきます。

そんな感じの毎日なので
平日に夫婦で会話することといえば「おはよう」の一言だけ。
もちろん話し合ったりする時間もありません。

だからと言って、けっして夫婦の仲が悪いわけではありません。

そんなわたしたち夫婦が、いつも心がけていること
そして思っていることについて、今日は書いてみようと思います。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

夫婦で一緒に過ごせる時間は、休日の1日だけ。その日だけは目一杯話し合う。これが夫婦円満の秘訣です。

20160111①

いまわたしたち夫婦が、必ず行っていること。

それは、平日に時間が取れない分
休日のいづれか1日は、かならず一緒に過ごすようにしています。

一緒に過ごすといっても、1日中一緒にいるわけではありません。

大体はランチ(又はお茶)をするときに
1週間の出来事、治療のこと、いま思っていることを話し合います。

20160111②

先日も夫の仕事について、夫が思っていることを聞いたり
これからのライフプランを考えたり、本音で話し合いました。

いつものインドカレー屋さんでランチを終えてからも
話合いは終わらずに、カフェへ場所を移動するほど。

夫はいまも、仕事のことで悩んでいます。

わたしから見ると、夫は自分自身の1年後、3年後さえ見えていないようでした。

わたしは仕事をすることが好きで、自分の仕事に誇りをもっているので
仕事に対する考え方は、夫とは多少異なる部分があります。

それでもできるだけ砕いて、わたし自身が思うことを伝えます。

ただ、決してわたしの意見が正しいとは言いません。

わたしはこう思うから、自分はこうしていきたいと思っている。
そして夫は夫で、がんばってくれているのはよく分かっている。

だから、日々仕事に追われて、仕事を嫌いになるのではなくて
すこしでも自分に自信を持てるよう、目標を見出してくれたら。

そう伝えました。

わたしが治療で悩めば、夫も一緒になって悩んでくれます。

わたしが仕事で悩めば、夫も一緒になって悩んでくれます。

夫が仕事で悩むのであれば、わたしも一緒になって悩みたいです。

職種も業界も異なるため、仕事内容についてはなにもわかりません。
それでも、同じ社会人として、感じることや夫の気持ちを聞くこと。

これだけは、わたしにもできます。

わが家にとって夫婦円満の秘訣は、本気で目一杯話し合うこと。

たったこれだけです。

これからもずっと、支え合っていける夫婦でありたいと思います。

ランキング
♦更新の励みになります。応援していただけたらうれしいです。
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
  • にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)