共働き夫婦の2015年冬の賞与。初のボーナス額&つかい道を公開します!

日本経済団体連合会が調査した2015年冬のボーナスは、平均91万円。

20160115①

91万円にはほど遠い金額ではありますが
わが家もボーナスという、うれしい臨時収入がありました。

いままでこのブログでは、収入面については金額を伏せてきましたが
今回は、初となるボーナス額を公開していきます。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

共働き夫婦の2015年冬の賞与。初のボーナス額を公開!そのつかい道は?

20160115②

■夫婦のボーナス支給額

2015年冬(手取り)
214,225円
76,787円
合計 291,012円

2015年冬のボーナスは、夫婦合計で”291,012円”となりました。

夫は前年より下がりましたが、代わりに月給が上がっているため
年収で考えればさほど変わりはありません。

わたしは賞与という名目ではありますが、寸志ですね。

これから会社がより大きくなり、利益が出れば還元されるはず。
期待はせずに、気長に待っていようと思います。

世の中からしてみれば、決して多くもらっているとは言えません。

それでも、こうしてボーナスをいただけて
すこしでも貯蓄できているこの状況に、感謝をしています。

そして…気になるボーナスのつかい道は

まずわが家は基本的に、ボーナスは臨時収入として扱っています。

つまり、ボーナスが入ったら○○○を買おう。
そういったものがほとんどありません。

唯一あるとすれば、夫に1万円ほどお小遣いとして還元するだけ。

わたしはとくに欲しいものもないので、そのまま貯蓄に回します。

ここ最近は、お金のために仕事をする。ということ以上に
仕事そのものに対して、たのしいと思えるようになってきました。

過去に勉強してきたことが、すこしずつ身になってきたこと
事業が拡大することで、一緒に仕事をする仲間が増えたこと

これらが要因だと思います。

女性が管理職を目指さない理由。わたしにもチャンスがあればやってみたいと思えたこと。
女性活躍推進 2020年までに指導的地位女性の登用を30%に こう政府は謳っていますが いまの企業では、な...

昨年は不妊治療で頭がいっぱいで、仕事は二の次。
そういった消極的な気持ちで、取り組んできました。

ただ、今年はもうすこし。
もうすこしだけ、背伸びをしてみようと思います。

仕事も治療もどちらもがんばって、自分を成長させる。

この目標を達成できるように、夫婦で協力しあってがんばります。

ランキング
♦ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)