お義兄さん夫婦の出産お祝いの品&わたしの”しあわせなお金のつかい方”。

昨年末、お義兄さんご夫婦に待望の第一子が生まれました。

そのお義兄さんから、落ち着いたから遊びに来て。との連絡が。
ご自宅に招待いただくことになりました。

20160206①

出産してからは、お義兄さんもお義姉さんも疲れているよね。
プレゼントは送った方がいいかな。

そう夫と話をしていたので、この連絡をいただけたことで
ようやく出産祝いの品を、直接わたすことができました。

どんなものが良いかな。喜んでくれるかな。

そう話し合いながら選ぶ作業は、とてもたのしい時間となりました。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

お義兄さん夫婦の出産お祝いの品&わたしの”しあわせなお金のつかい方”。

20160206②

選んだものは、消耗品のガーゼケットと、フード付きバスタオル。

できるだけ赤ちゃんの肌に良さそうな
オーガニック素材にこだわって、夫と悩みながら選びました。

金額は、お祝いの品が11,106円。
当日の手土産が1,286円。

合計、12,392円となりました。

夫は、人のためにお金をつかうことができる人です。
逆にわたしは、”なにかあったらお礼をする”ことしかできない人でした。

人のためにお金をつかうことができる夫。夫の”生きたお金”のつかい方を、わたしも学んでいきたい。
わたしにとって お金を貯めることは、得意なこと。 お金をつかうことは、不得意なこと。 気持ちよくお金をつかうことが、なかなかで...

わたしは夫の、”しあわせなお金のつかい方”に惹かれていきます。

そうしていまのわたしは、人のためにつかうお金がどれだけ大切で
とても気持ちが良いものと、心から思えるようになっていきました。

20160206③

お義兄さんの家に行くと、夕ご飯にと、手巻き寿司が用意されていました。

お義姉さんのご両親も近くに住んでいるため
6人で一緒に、とってもたのしい食卓を囲むことができました。

どきどきのプレゼントも予想以上に喜んでくれました。
そして夫のうれしそうな顔も見ることができて、わたしもうれしい気持ちに。

夫は人当たりがとてもよく、人への気遣いがとてもできる人です。

だからこそ、不妊治療でつらい思いをしたときや、仕事で悩んでいるとき。
わたしが壁にぶつかるときは、できるだけ気持ちをほぐそうとしてくれます。

そんな夫には、とても感謝しています。

逆に、最近はよく思うことがあります。

わたしが夫にこれからしてあげられることは、なんだろう…と。

本当はわたしが子どもを授かり、無事に産まれてきれくれたら
きっと大喜びしてくれると思います。

でも、こればかりは努力だけではどうしようもありません。

いまのわたしにできることは
金額を気にせずに、おいしいランチをお腹いっぱい食べてもらうこと。

そのためにも、投資やブログづくりをがんばって
プチ収入を得ることで、どんどん夫や家族に還元していきたい。

これが、いまのわたしなりの”しあわせなお金のつかい方”です。

ランキング
♦ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)