共働き夫婦の働き方を考える&夫が仕事を抑えたいと思っていた事実(1)

わが家は、共働き夫婦の2人暮らしです。

昨年から、おたがいに仕事が忙しくなってきたこともあって
休日のいづれか1日は、夫婦で話し合う時間を設けています。

夫婦で一緒に過ごせる時間は、休日の1日だけ。その日だけは目一杯話し合う。これが夫婦円満の秘訣です。
昨年末からずっと、夫婦ともに忙しい日々がつづいています。 わたしは決算期を除けば、帰りは21時くらい。 夫は...

今年も1月から2月にかけて、夫は毎日のように午前様。

わたしは21時から22時くらいには帰れましたが
それでも平日に顔を会わせることは、ほとんどありませんでした。

そんな先日、いつものように夫と話し合った休日。

夫がふとこんなことをつぶやきました。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

共働き夫婦のこれからの働き方を考える&夫が仕事を抑えたいと思っていた事実。

20160309①

夫が言ったこと。

それは、こんな内容でした。

本当は、がむしゃらに働くことは好きじゃないんだ。
自分は外資には向いていないと思っているし、いまの仕事も正直つらい。

だからといって、いまの仕事がつらいからと言うのは
辞める理由にはならないことも分かっているんだ。

もともと誰に対してもやさしい夫は
競争社会に身を置くことは、向いていないと言います。

人当たりがいいので誰にでも好かれますが、営業は数字を取ることが大事。
人当たりがいいのと数字をとるのとは、まったく意味が異なります。

わたしは営業職に携わったことがないので、そのつらさは正直分かりません。

それでも、夫がつらいと感じながら、毎日遅くまで働きつづけることには
いつか限界がくるんじゃないかと思っていました。

わたしは仕事をすることは好きで、不妊治療という通院がなければ
本当はもっと、気兼ねなく仕事をしていると思います。

でも、わたしはわたし。
夫は夫。

考え方や感じ方は、人それぞれです。

夫は、わたしに無いものをたくさん持っていて、その逆もあって。

そうしてわたしたち夫婦は、うまく成り立っているのだと感じます。

最近はよく眠れないとも言っている夫。

わたしはもっと、夫の心の声を聞かないといけない、そう感じています。

20160309②

夫から話を聞いた日は、時間が遅かったこともあって
また忙しい平日に入ってしまったので、話し合いは持ち越しになりました。

そして1週間後、今度はしっかりと時間をとって話し合うことになります。

長くなってしまったので、つづきは次回の記事に書いていきます。

ランキング
♦更新の励みになります。応援していただけたらうれしいです。
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
  • にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)