気に入っている、思い入れがあるから捨てられないモノ。そんなときは、あらたな用途に使えないか考えてみよう!

いまの家に住みはじめてから、もう3年が経とうとしています。

20160420①

2DKの賃貸物件。築年数は25年ほど。

けっしてあたらしいとは言えない、この建物。
壁もうすく、最上階ということもあって夏は暑く、冬はとても寒いです。

それでもわたしたち夫婦は、この家をとても気に入っています。

それは、モノがあふれることなくすっきりした空間を保てているから。

さて、今日はそんなわが家にある出窓。

このスペースに置いていたインテリアを、すべて無くしてみました。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

気に入っている、思い入れがあるから捨てられないモノ。そんなときは、あらたな用途に使えないか考えてみよう!

20160420②

これが出窓に飾っていた、祖母の形見のガラス容器と、無印の写真立て。

場所がよくないせいか、とにかくほこりが溜まります。

そのため、ここを掃除をするときは
いつも、モノをどかして拭ていく…という作業が出てきてしまいます。

ふと先日、ここに置いておく必要があるのかな。
そう思い、なんとなく場所を変えてみました。

20160420③

そして、玄関の靴箱の上に移動。

20160416④

出窓は、なにも無くなってすごくスッキリ。

祖母の形見であるガラスの容器も、夫の仕事用の時計収納に変身。

思った以上にいい感じになりました。

そして無印良品の写真立ては、思いきって断捨離しました。

モノは、かならずしも使い道が1つに決まっているわけではありません。

いままで使っていた用途から、あらたな用途へと変えていくことで
思った以上に使いやすくなることもあります。

使わないけど気に入っている、思い入れがあるけど、捨てられないモノ。

そんなときは、モノの用途をリセットして
そこまでお気に入りではないモノと、交換してみるのもおすすめです。

ランキング
♦ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)