不妊治療*転院後の待ち時間は平均5時間!時間を有意義につかうために、わたしがやっていること。

不妊治療で通院している人はきっと、だれもが思うことがあります。

それは、とにかく待ち時間が長い…ということ。

20160507①

いままでわたしは、病院へ行くとしても
年に1度、風邪をひいて近所のクリニックへ行く程度。

そのときの待ち時間は、ながくても15分~30分ほどでした。

そして2年前から不妊治療をするようになり
2~5時間という驚異的な待ち時間を、経験するようになります。

とにかくこの待ち時間を、有意義につかいたい。

そう思うようになり、様々なことに挑戦するようになりました。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

転院後の待ち時間は平均5時間!時間を有意義につかうために、わたしがやっていること。

20160507②

まずは、わたしの通院歴&待ち時間を簡単に書いていきます。

通院歴&待ち時間

・通院歴
A病院:2014年6月~2014年10月(5ヶ月間)
B病院:2014年11月~2016年3月(1年5ヶ月)
C病院:2016年3月~(現在に至る)

・待ち時間
A病院:平均2時間
B病院:平均2~3時間半
C病院:平均5時間

A病院は、一般不妊治療のみを行っている、ちいさな病院でした。
治療に限界を感じた半年後、高度不妊治療を行うB病院へ転院をします。

それからB病院で高度不妊治療をすること1年5ヶ月。

5回目の移植での陰性結果を経て、先日2回目の転院をしました。

これを書いていると、いまわたしが通っている転院先。
C病院の待ち時間が、異常に長いことがよく分かります。

時間を有意義につかうために、わたしがやっていること

20160507③

それでは、わたしが待ち時間でやっていることを書いていきます。

※C病院では受付を済ませると、看護師さんから外出許可をもらえます。
外出時間は1~2時間程度。だいたい2時間くらいの外出となります。

ノートPCでブログを書く&メールチェックや家計簿をつける【休日】

自宅にあるノートPCを持って行きます。
病院で外出許可が下りたら、充電のできる近くのカフェへ。
そこでブログの更新やメールチェック、そして家計簿をつけています。

仕事をする【平日】

平日は半休を取ることが多く、半日は会社へ行くことがほとんど。
そのため基本的にノートPCは持ち歩きません。

時間内にやりきれない業務は、のこしていかざるを得ないので
考えてから進めたい仕事があれば、資料を持ち帰ることもあります。
(重要な資料は紛失が怖いので、持ち帰りません)

病院で外出許可が下りたら、近くのカフェに行ってやります。

本を読む・勉強をする【平日・休日】

ノートPCがないとき、そして仕事のことを考えなくていいとき。

そんなときは、できるだけ図書館で借りた本を読んだり
仕事にかかわる内容を調べたりして、勉強をします。

資格を取るための勉強ではありませんが、実生活でも仕事でも
役立てば良いなと思い、できるだけたのしみながらやります。

夫とゆっくり話をする【休日】

基本的に休日診察の場合は、夫にも一緒に来てもらうようにしています。
平日はほとんど話す時間がないので、休日のこういった時間をつかって
夫とゆっくり話し合う時間を設けるようにしています。

もちろんこのときも、外出許可をとって近くのカフェやお店に行きます。

夫婦で一緒に過ごせる時間は、休日の1日だけ。その日だけは目一杯話し合う。これが夫婦円満の秘訣です。
昨年末からずっと、夫婦ともに忙しい日々がつづいています。 わたしは決算期を除けば、帰りは21時くらい。 夫は...

以上が、わたしが普段待ち時間にやっていることでした。

どうしても、仕事に治療に家事に…

やることがたくさんあって、時間がない!と常々思ってしまいます。

でも、それを理由になにもできない。なんて言い訳はしたくありません。

せっかくこんなに時間があるんだから。

そう思って前向きに。
これからも大切な時間を有意義につかいたいと思います。

ランキング
♦更新の励みになります。応援していただけたらうれしいです。
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
  • にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)