じぶんの心の声を聞いてあげること。文字に起こすことで、本当はどうしたいのか。ようやく分かってきました。

先日は暗い記事をアップしてしまい、申し訳ございませんでした。

今年に入ってから、夫の仕事のことだったり、わたしの仕事のこと
そして最大の壁となっている不妊治療のこと。

考えることが多くて、すこしだけ、こころが疲れてしまったようです。

共働き夫婦の働き方を考える&夫が仕事を抑えたいと思っていた事実(1)
わが家は、共働き夫婦の2人暮らしです。 昨年から、おたがいに仕事が忙しくなってきたこともあって 休日のいづれか1日は、夫婦で話し合う...
共働き夫婦の働き方を考える&夫が仕事を抑えたいと思っていた事実(2)
前回の記事では、夫が仕事に対してモチベーションが上がらないこと いつか仕事のペースを抑えたいと思っていることについて書きました。 ...

まだ解決したとは言えませんが、すこしずつ
いまあるしあわせを感じるために、行動を変えているところです。

この問題が解決するときは、いつになるかは分かりません。

でも、いまのわたしができることは
じぶんの心の声を聞いてあげること。ただこれだけ。

この記事を書き終わったら、またいつもの記事に戻していきます。
今日だけ、またお付き合いいただけたら幸いです。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

じぶんの心の声を聞いてあげること。文字に起こすことで、本当はどうしたいのか。ようやく分かってきました。

20160518①

仕事のモチベーションが上がらない。
それは、不妊治療をやっているせい。

不妊治療がうまくいかない。
それは、仕事をしているせい。

結局、不妊治療がうまくいかない理由を探すために
無理やりこんな理由作りをして、心を落ち着かせている状況。

正直、去年のわたしでは考えられないことです。

じゃあ、仕事を辞めたらいいんじゃない?

そう思おうとすれば、仕事を辞めたら治療費用はどうするの?

間違いなく貯蓄から出さないといけないという、恐怖感に苛まれます。

お金だけではありません。

仕事を辞めるデメリットはほかにもあります。

治療一本で生活をすると、かならず治療の経過にも一喜一憂してしまい
日々治療のことだけで、頭がいっぱいとなってしまうでしょう。

先日の記事にも書いたとおり
仕事のモチベーションが、いまだかつてない低い状態であることは変わりません。

それでも、有給休暇とはいえ、やすみがちなわたしを評価してくださる上司
そして一緒に仕事をするメンバーにも恵まれています。

間違いなく、贅沢な環境に身を置けているのでしょう。

ここまで書くと、やっぱりわたしには
仕事を辞める選択肢はまだ無いんだな…ということが、よく分かりました。

20160518②

夫と結婚してから、子どもを授かり、産休、育休をとって会社に復帰する。

家庭も仕事も、努力さえすればすべてうまくいく。

当たり前のようにそう信じていたころに比べれば
いまは、現実は甘くないと感じることばかりです。

それでも、わたしにはやさしい夫が近くに居てくれて
不妊以外は健康で、働くことができる体があって、両親や友人にも恵まれて。

普段当たり前のようにあるこの環境が、とても贅沢なことなんじゃないか。

そう思えるようにもなってきています。

治療をつづけている限りは
まだまだこれから先も、つらいことがたくさん待ち受けているでしょう。

そんなときは、悲観的に思うじぶんを真っ向から否定せずに
わたし自身の、心の声を聞いてあげられるように、時間を作ること。

おいしいものを食べて、大好きなコーヒーを飲んで
自分をめいっぱいあまやかしてあげる日を、作ってあげること。

日々の行動を意識して変えていくことで

またちいさな幸せを、もっとかみしめられるようになる日まで
すこしずつ、前に進んでいこうと思います。

ランキング
♦ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)