週に1冊は読む大好きな本も、基本は持たない主義。靴もちいさい靴箱に入るだけの定数主義。

わたしはふだん休日に図書館に寄って、読みたい本を1冊かります。
そして1、2週間のあいだに読んで、また借りる。

これを数年繰り返しています。

20160715①

もちろん、いますぐにでも読みたいと思う本があれば
買うこともありますが、何度か読み直したら古本として売ります。

だから、基本は持たない主義。
家の中に本を置いておくことは、ほとんどありません。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

週に1冊は読む大好きな本も、基本は持たない主義。靴もちいさい靴箱に入るだけの定数主義。

20160715②

さきにも書いたとおり、わたしは本を読むことが大好きです。

学生のころは、ハリーポッターのようなファンタジーや
東野圭吾のサスペンスといった小説系を読んでいました。

社会人になって投資に興味を持ちはじめると、投資関連の本。
ひとり暮らしをはじめると、断捨離の本。
夫と結婚してからは、家計管理や節約の本。

そのときの環境によって、さまざまな本をいままで読んできたなあと
この記事を書きながら、どことなく感慨深い気持ちになりました。

そしてもうひとつ決めている、定数主義。

それは靴のこと。

いまの家に引っ越しをしてきたとき、築年数が古いこともあってか
はじめから靴箱はついていませんでした。

賃貸はなんでもついていると思っていたので
当時はビックリしましたが、しかたなくちいさな靴箱を買いました。

断捨離*下駄箱もちいさく。夫婦の靴はこれだけです。
毎日履く靴。みなさんはどのくらいお持ちですか? わが家は夫と2人暮らし。 いまの家に越してきたときに、備え付けの下駄箱がなかった...

もっとひろい玄関に、たくさんの靴が入るクローゼットを想像していたので
この靴箱になってからは、靴を手放すか箱に入れて収納するほかありません。

外で履いた靴を箱にしまって収納する方法は、できるだけ避けたいという
気持ちもあって、だんだんと定数主義になっていきました。

20150627①

いまつかっている靴箱はこれ。

上段がわたし。下段が夫です。

この靴箱に6足。押入上に箱に入れたブーツが1足。

わたしの靴はあわせて7足。
これですべての季節、履きまわしています。

むかしは、この倍くらい靴を持っていました。

毎日ちがう靴を履いていたい…なんて思っていたときもありましたが
いまは持っている靴は、どれもときめく靴ばかり。

もっと欲しい。足りないなんて思いません。

いま持っている靴を大切に履いて、だめになったときに買いかえる。
本当に良いと思ったあたらしい靴を、迎え入れるようにする。

こんなわが家のちょっとした定数主義ルール。

このルールを設けることで
いまは家の中も、こころも、すっきりと気持ちよく暮らせています。

ランキング
♦更新の励みになります。応援していただけたらうれしいです。
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
  • にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)