都内・共働き夫婦 2人暮らしの引越しでかかった費用(引越し業者・賃貸契約・買ったもの)&節約ポイントを公開します!

2016年11月某日。

妊娠したことをきっかけに、4階建て4階エレベータなしの家から
5階建て1階エレベータありの物件へ引っ越しをしました。

4階建て4階エレベータなしから、5階建て1階エレベータありの物件へ。妊娠初期に引っ越しをしました。
昨年2016年11月某日に、引っ越しをしました。 引っ越しをするといっても、隣の駅に引っ越したのでとても近く。 ...

引越しと言えば、一番気になるのが引越しにかかる費用ですよね。

引越し業者でかかった費用
新居を契約するための費用(旧居解約費用含む)
新居で買った備品の費用

これらすべてにかかった費用と、わたしなりの節約ポイントについて
すべてまとめて公開していきます。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

都内・共働き夫婦 2人暮らしの引越しでかかった費用(引越し業者・賃貸契約・買ったもの)&節約ポイントを公開します!

引越し先は、となりの駅という近隣。

家賃相場も変わらなかったので、賃料も変わらず。
とてもいい引越し先に巡りあえました。

引越し業者でかかった費

項目
金額
引越し業者 22,680円
小計 22,680円

新居を契約するための費用(旧居解約費用含む)

項目
金額
新居の敷金 78,000円
仲介手数料(家賃の半月分) 42,120円
総合保険(家財保険) 19,880円
鍵交換代 18,360円
旧居の賃料(日割り) 13,000円
旧居の敷金返金 ▲36,528円
住民票の証紙(1通) 300円
小計 135,132円

新居で買った備品の費用

項目
金額
夫婦のワードロープ(無印良品) 39,738円
トリプルフック(カインズ) 298円
つっぱり棒(カインズ) 698円
小計 40,734円

合計:198,546円

このほかに、新居に入るとき用に「バルサン」を買いましたが
これはポイントで買っているので計上していません。

引越しはとにかくお金がかかる&体力・時間を使いますよね。

体力・時間的なものは仕方がありませんが、かかる費用については絞りたいところ。

わが家が今回依頼した引っ越し業者は大手ですが
日曜日(PM時間指定なし)で、ここまで安くしてくださいました。
(原価割れですと、泣きつかれましが(笑))

11月と時期が良かったのもありますが、休日で、トラック1台(約6畳分)
作業員2名(当日は3名でした)でこのお値段は破格です。

上手に交渉すればここまでできるということですね。

ほかに節約するポイントとしては、持っているモノをとにかく減らしておくこと。

これだけで、引っ越し代(業者・処分費用や時間)が大幅に削れます。

妊娠していなかったらきっと、いまでも旧居に住んでいたことでしょう。

いまは引っ越しをしたことで、格段に住み心地がよくなりましたし
産休中のわたしにとっては、あたたかい家にいられることがしあわせです。
(旧居は構造上、夏は暑く冬は寒かったので…)

お腹の子が無事に産まれてきてくれたら、小学校に上がるまではきっと
引越しをすることもないでしょう。

夫と生まれてきてくれる子と、この家でのんびり過ごしたいなと思います。

ランキング
♦更新の励みになります。応援していただけたらうれしいです。
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
  • にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)