2017年下期*共働き夫婦(妻育休中)+子ども1人の3人暮らしの家計予算を修正しました。

2017年の家計予算は、3月ごろに立てていました。

2017年*産休・育児休暇中 共働き夫婦+子ども1人の3人暮らしの家計予算を決めました。
出産予定日を4月中旬に控え、2月末から無事に産休にはいりました。 ただ、状況次第で早生まれの可能性も出てきています。 と...

このあと子どもが生まれたことで、予想外の出費も出てきていて
思いのほか予算より大幅にぶれることもあり…

思いきって下期に入る前に、予算を修正することにしました。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

2017年下期*共働き夫婦(妻育休中)+子ども1人の3人暮らしの家計予算を修正しました。

※セルが青い部分は、毎月積立するもの

積立金は「85,000円/月」
積立金をのぞいた純粋な予算は「200,800円/月」となります。

この金額でやりくりできれば、夫だけの収入で生活ができます。
つまり、貯金はできなくても赤字にはなりません。

それでは、まず今年の上半期の予算を比較してみます。

家計費の比較

科目 2017年上半期 2017年下半期
家賃(2DK) 78,000円 78,000円
電気 5,000円 5,000円
ガス 4,000円 4,000円
水道 4,000円 4,000円
通信費 7,800円 7,800円
医療保険 2,000円 2,000円
食費 20,000円 20,000円
日用品(雑費) 3,000円 5,000円
子ども費 13,000円 15,000円
お小遣い(2人分) 60,000円 60,000円
合計 196,800円 200,800円

目的別積立の比較 ※変更なし

積立 科目 2017年上半期 2017年下半期
慶弔費 5,000円 5,000円
住居費(家賃)更新料 5,000円 5,000円
交際費(テニス合宿等) 0円 0円
家電 5,000円 5,000円
子ども費 40,000円 40,000円
夫スーツ代 3,000円 3,000円
医療費 10,000円 10,000円
その他特別費 2,000円 2,000円
合計 70,500円 70,000円

今回予算変更した科目は、この2つ。

日用品費
予算3,000円→5,000円にアップ
夫のクリーニング代が増えてきたこと、そして息子の成長にともなって
部屋を改装していくための費用として上乗せしています

子ども費
予算13,000円→15,000円にアップ
離乳食がはじまり、ベビーフードにもお世話になることが予想されます
また卒乳することでミルク代が増えることにより、予算をあげました

以上、できるだけ夫の収入でやりくりをするため、調整程度にしました。
子どもの成長に伴って、また来年予算をあげていくことになるでしょう。

息子が生まれるまでの2年半の不妊治療費で、総額300万円を超えましたが
第2子のことを考えると、また大金が必要になることが予想されます。

2年半の不妊治療で授かった宝物&300万円以上のお金がなかったら、授かれなかったという事実。
2017年4月4日。 待望の第一子、男の子を出産しました。 いまは育児というはじめての経験で、めまぐるしい日々を送ってい...

いまはのこっている凍結胚の移植を行って、それでもだめだったら…

そのときは第2子は諦めよう。そう夫婦で話し合っています。

いまは息子が生まれてきてくれただけで、もうそれだけで十分。

育児は大変ではありますが、治療をしていたときに比べれば屁でもないくらい
本当にしあわせな生活を送れています。

これからは家族3人(うまくいけば4人)となるめる家。

毎年ライフプランを作って夫と共有することで
これからの人生の働き方や過ごし方を一緒に、模索していきたいと思います。

ランキング
♦更新の励みになります。応援していただけたらうれしいです。
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
  • にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)