【整理収納アドバイザー】[2017年]1級1次試験(学科)の勉強時間と方法&受験当日の流れと感想まとめ。

整理収納アドバイザーになるまでの道のり。

スタートは、2017年2月でした。

まずはじめに2級の講座受講。
当日に簡易的なテストを受けて、1ヶ月後に合格通知が届きました。

2級は必ず合格できると聞いていたので、2級講座受講後
すぐに1級の講座(2日間)を受講しました。

その後、4月に長男を出産。

7月に1級1次試験(学科)を受け、8月に合格を確認。
9月に1級2次試験(実技)を受けました。※まだ結果は出ていません

今日は、1級1次試験(学科)の勉強方法と試験の感想について記録していきます。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

[2017年]1級1次試験(学科)の勉強時間と方法&受験当日の流れと感想まとめ。

資格取得までの流れ ※2017年10月現在
2017年2月 2級認定講座を受講(1日)
2017年2月 1級予備講座を受講(2日)
2017年7月 1級1次試験(半日)
2017年8月 1次試験合格通知
2017年9月 1級2次試験(半日)

1級1次試験(学科)の勉強方法と勉強時間

1次試験(学科)の勉強時間

産休中の1ヶ月間(3月)と産後0.5ヶ月間(6月)=1.5ヶ月間

産前は時間があったので、1日1時間程度。
産後はとにかく時間がなかったので1日10分~30分程度。
息子が寝ている深夜や早朝、お昼寝時間をつかって細切れにやっていました。

1次試験(学科)の勉強方法

①公式テキストで勉強する
2級認定講座「一番わかりやすい整理入門」
1級予備講座「整理収納認定講座」

この2冊をとにかく熟読します。どちらもまんべんなく出題されますが
1級のテキストの方が出題の割合が多い傾向にあるようです。

②整理収納アドバイザー1級試験対策問題集のアプリで勉強する

アプリをつかって勉強することもできますが、2,400円とだいぶお高めです。
わたし自身はアプリはつかいませんでした。
この試験独特の言い回しに慣れない方にはいいかもしれません。

整理収納アドバイザー1級試験対策問題集

整理収納アドバイザー1級試験対策問題集
¥2,400
posted with アプリーチ

わたしはとにかくテキストを熟読しました。
重要と思われる部分(1級予備講座で講師が言っていた点等)には
暗記用ペン(+下敷き)をつかってマーキングして、文章の流れを覚えたり。
この方法は、あいまいな文言を理解するのにとても効果があったと思います。

受験当日と試験を終えた感想

試験方式:マークシート方式(150点満点)
試験時間:1時間30分(別途30分の試験説明あり)
出題形式:○×有、空所の補充有、正誤問題有、中文の○×有(バラエティに富んでいました)

7月1日の午前の部に申し込みをしました。

当日は20分前に会場に到着。トイレを済ませて受験番号が控えてある席に着席します。

はじめの30分は、試験説明、そして合格した場合の2次試験に関する説明があります。
その後1時間30分の筆記試験でした。

試験開始から1時間を経過すれば、解き終わっている人は退席することができると聞き
1時間ですべて問題を解き終えて静かに退席しました。(退席時は挙手でした)

※問題用紙は持ち帰りNG。試験終了後に内容を確認することはできません

試験はテキストと同じく、どことなくふんわりしている表現が多いように感じました。
読解力が必要かと思いますが、これはテキストを読み込んでおけば大丈夫です。

難易度は高くないものの(FPの方がむずかしく感じました)
最低限の勉強をしなければ、ぜったいに受からない試験だと思います。

2次試験(実践+プレゼンテーション)については、また後日書いていきます。

【整理収納アドバイザー】わたしが整理収納アドバイザーを目指すようになった理由(ワケ)。
わたしが整理収納アドバイザーを目指すようになった理由。 それは、以前の記事にも書きましたが 「あたらしい働き方」をするために...
ランキング
♦更新の励みになります。応援していただけたらうれしいです。
  • にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
  • にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)