【0歳育児】生後0~6ヶ月までの半年間でかかった子ども費用(1人分)まとめ。

2017年4月に、待望の第1子である息子を出産しました。

夫と結婚したのが27歳のころ。
子どもが欲しいと思い不妊治療をはじめたのが29歳のころ。

32歳で出産したので、2年半は赤ちゃん待ちをしていたことになります。

晴れて3人家族となっためる家。

今日は、息子が生後0~6ヶ月の間にかかった費用についてまとめていきます。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

生後0~6ヶ月までの半年間でかかった子ども費用(1人分)まとめ。

この表は、自作のエクセル家計簿とおなじシートで管理している補助的な明細です。
(明細といっても、かなり簡易的なモノです)

※明細を確認したい場合は、このようにコメントで追記するようにしています

子ども費内訳(生後0~6ヶ月間)

・粉ミルク:35,396円
・授乳関連(離乳食含む):14,170円
・おむつ:18,751円
・おしりふき:905円
・被服:980円
・その他(雑貨):13,521円

粉ミルク(35,396÷6ヶ月=5,899円/月)

退院してからは和光堂の「はいはい」を愛用。
基本的に生後7ヶ月まで混合(母乳×粉ミルク(やや多め))でした。

おむつ(14,170÷6ヶ月=2,361円/月)

グーンとパンパースを並行中。
グーンをメインに。サイズアップのときにはパンパースをつかっていました。
新生児のころは、もらった試供品をつかっていたのでとても助かりました。

おしりふき(905÷6ヶ月=150円/月)

水99.9%のものやピジョンのもの。
とくに決めていませんが、その時々でコスパが良いものを選んでいます。

被服(980÷6ヶ月=163円/月)

50~70サイズはお下がりをいただけたので、ほとんど買っていません。
6ヶ月までの間は、基本帽子などの小物類のみ買っています。

その他/内訳はこちら(13,521÷6ヶ月=2,253円/月)

・おしゃぶり:490円
・ガーゼおくるみ×2:2,960円
・よだれカバー:2,788円
・ジョイントマット:4,990円
・マルチクリップ:216円
・保冷・保温やわらかシート:1,169円
・コンセントキャップ:185円
・ベビーカーフック:108円
・ボディーソープ:615円

以上となります。

生後0~6ヶ月の間にかかった費用は、合計で「83,723円」

ひと月で平均すると「13,953円/月」となります。

細かく言えば、水道光熱費や食費も上がっていますがそこは割合します。

2017年の子ども費の予算は、「15,000円/月」としていたので
いい感じに予算内におさまっていますね。

またこれ以外にも、40,000円/月を別途教育費として貯蓄しています。

共働き夫婦(育休中)+子ども1人(0歳)の、2017年11月家計簿まとめ。
2017年11月の家計簿をまとめました。 いまは夫の給与日に合わせてつけているため 11月分は「10月21日~11月20日」...

夫と2人だけの生活だった5年間は、治療費を確保するために共働きは必須
そしてできるだけ生活費を節約しながら家計管理をしてきました。

息子が元気に生まれてきてくれて、わたしはいまとても幸せです。

今年は親子3人でたのしく暮らしていくための必要経費として
子ども費もしっかりと予算に組み込んだ家計管理をしていきます。

ランキング
♦ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)