共働き夫婦(育休中)+子ども1人(0歳)の、2018年1月家計簿まとめ。

2018年1月の家計簿をまとめました。

いまは夫の給与日に合わせてつけているため
1月分は「12月21日~1月20日」分となります。

家計簿

2018年1月度(12/21-1/20)

科目 予算 実績
家賃(2DK) 78,000円 78,000円
電気 5,000円 2,870円
ガス 4,000円 2,091円
水道 4,000円 3,747円
通信費 7,800円 7,251円
家族の生命保険 3,140円 2,000円
食費 20,000円 17,571円
日用品(雑費) 5,000円 2,005円
子ども費(保育料) 53,000円 25,000円
子ども費(その他) 15,000円 4,875円
お小遣い(2人分) 65,000円 60,000円
臨時出費 0円 0円
合計 259,940円 205,410円

■水道光熱費
電気代:11/●-12/14(●日間)/使用量●kWh(20A)(※)
ガス代:10/19-11/17(30日間)/使用量10㎥
水道代:10-11月分(9/12-11/9)/使用量15m³
※●は領収書を誤って破棄してしまったので不明です…

■通信費
いまは夫婦ともに、白ロム+格安SIM(iijmio)です

格安SIMフリー”みおふぉん”乗り換え大作戦!夫のiPhone5Sの売却額はいくら?乗り換えで最終的にかかった費用のまとめ。
節約のために今年の目標としていた、通信費の削減。 夫婦で、キャリア携帯から格安スマホSIMへ乗り換えをするために さまざまな経緯を書...

■家族の生命保険
わたしの医療保険のみで「2,000円」になります
夫は払込済の生命保険のみ加入。その他は加入していません
今年から息子(0歳)の医療保険を追加します(引落は2月から)

0歳の子どもの保険はどうする?息子のために加入した「コープ共済」はこども保険におすすめだと思うこと。
わたしが住む地域では、中学3年生までは医療費がかかりません。 そのため、子どもに対する医療保険は正直考えていませんでした。 ...

■食費
現在育休中のため、基本わたしと息子は自宅で過ごしています
無理しない程度に、自炊(または中食)を心がけています
※お米代は入っていません(夫の実家よりいただいています)
※夫の平日ランチ代、夕食代が外食の場合、おこづかいから出しています

■日用品(雑費)
夫のスーツのクリーニング代、ティッシュ、洗剤などの消耗品
そして洗濯かごが壊れてしまったため、買いなおしています

■子ども費(保育料)
認可外保育園の内定をもらった際に支払った入園金です

■子ども費(その他)
ミルク代「3,218円」、離乳食関連「1,237円」、 被服費「420円」
被服費は、ユニクロで90サイズのレギンスを買いました

■臨時出費
クリスマスランチ代補てん金、ケーキ代「1,767円」
わたしの実家への手土産代「973円」
これらは目的別積立からの出費となります
※目的別積立からの出費は家計簿に載せていません

目的別積立

積立 科目 予算 実績
慶弔費 5,000円 5,000円
住居費(家賃)更新料 5,000円 5,000円
家電 5,000円 5,000円
子ども費(学費用) 40,000円 40,000円
夫スーツ代 3,000円 3,000円
医療費 5,000円 5,000円
その他特別費 2,000円 2,000円
合計 65,000円 65,000円

■目的別積立
2018年1月より、項目の増減・予算を変更しています

2017年*産休・育児休暇中 共働き夫婦+子ども1人の3人暮らしの家計予算を決めました。
出産予定日を4月中旬に控え、2月末から無事に産休にはいりました。 ただ、状況次第で早生まれの可能性も出てきています。 と...

投資信託・定期購入商品

積立 科目 予算 実績
セゾン投信 30,000円 30,000円
世界経済インデックスファンド 10,000円 10,000円
たわらノーロード 先進国株式(為替ヘッジあり) 10,000円 10,000円
iFree S&P500インデックス(為替ヘッジあり) 38,460円 38,460円
ひふみプラス 15,000円 15,000円
純金積立(KOYO証券) 10,000円 10,000円
合計 113,460円 113,460円

■投資信託
2018年1月より投資信託の商品や金額を、変更しています
※後日記事にしていきます

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

2018年1月のまとめ

今月2月で息子、生後10ヶ月になりました。

ハイハイ、つたい歩きも加速していまにも歩きそうな勢いです。

さて、本題の家計簿です。

今月は各項目すべてにおいて、予算内に納まりました。

あたらしい予算で大きい項目は、やはり子ども費ですね。

4月から保育園に入園するため、保育料が4~5万円程度かかりますが
3月までは入園金、準備するモノ以外はかからない予定です。

今年からはあたらしい予算での家計管理をスタートしています

2018年*産休・育児休暇中(2018年4月復帰予定)共働き夫婦+子ども1人の3人暮らしの家計予算を決めました。
昨年の2017年2月末より産休に入り、同年4月に息子を出産。 そして今年、2018年4月に職場復帰予定のめるです。 今年...

無事に認可外の保育園も決まって、職場復帰まであと2ヶ月。

そして本命の認可保育園の結果通知は2月中旬。

この結果次第でめる家の保育料は大きく変わります。

奇跡的に認可保育園に入ることができたら、また予算を一部変更しますね。

ああもう仕事復帰か…なんて若干不安な気持ちが出てきましたが
いまは息子と過ごせる貴重なのこり時間を、たーっぷり堪能したいと思います。

ランキング
♦ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)