わたしにとっての心地よい暮らしはココ(自宅)にあり。1歳の子どもがいてもモノを一定量に留められるポイント!

4月から育児休暇を終え、仕事復帰をしてからはや3ヶ月。

これはいつも言っている気がしますが…

とにかく時間が湯水のようにあっという間に過ぎていきます(涙)

でも、家に帰ればほっとひと安心できる場所がある。

それだけでがんばろうって思えるのが不思議ですね。

スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)

わたしにとっての心地よい暮らしはココ(自宅)にあり。1歳の子どもがいてもモノを一定量に留められるポイント!

わが家には1歳3ヶ月の息子がいます。

ひとり歩きもするので、元気いっぱい遊んでいるときは
それはそれはもう…おもちゃの海と化していきます(笑)

でも、時々お友だちが家に遊びに来るときはみんなこう言います。

モノが少ない ←わたしの中ではあと一歩
きれい ←ありがとうございます…

夫と2人暮らしのころよりモノが増えつづけていることは間違いないです。

ですが、いまある収納からはみ出すモノ。

これらは徹底的に手放しているので、なんとか現状を保つことができています。

いまのわたしのお気に入りポイントは、普段過ごす部屋(6帖)のココ。

帰ってきてこの空間に身を置くだけでホッとするから不思議です。

平日は、息子のお風呂→食事→寝かしつけ→家事

怒涛に時間が過ぎたあと、コーヒーを飲みながらすこしの時間
この部屋で一息つくことが、最近のわたしのお気に入りです。

ランキング
♦ランキングに参加しています
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
スポンサーリンク
ワードプレス-レクタングル(大)
ワードプレス-レクタングル(大)